北海道|観光・交流促進|使い道ランキング|ふるさと納税情報のことなら「ふるさとタックス ランキング版」



ふるさとタックス〜ランキング版〜ロゴマーク





トップページ » 使い道ランキング » 北海道の観光・交流促進に使う

北海道

北海道札幌市 国際交流の推進

海外との交流は、国や体制の違いといった枠を越えて、人と人との相互理解が深まることにより、平和な社会を築くことにつながるものです。
札幌市は、ポートランド市(アメリカ)、ミュンヘン市(ドイツ)、瀋陽市(中国)、ノボシビルスク市(ロシア)、大田市(韓国)の姉妹都市をはじめとして、世界の諸都市と市民レベルの友好交流を深めています。
いただいた寄付金は、市民が外国人と交流する機会や外国の文化等に触れる機会をつくり、国際的な感覚を持つ市民を増やすことを目的として実施する市民交流事業、市内の大学など、これからの国際社会を担う青少年を育成することを目的として実施する海外訪問事業など、札幌市の国際化の促進につながる事業に使用しています。

北海道旭川市 国際交流活動基金

国際交流活動基金は、4カ国5都市の姉妹友好都市との青少年交流をはじめとする様々な交流や旭川市国際交流委員会とともに推進する市民の国際理解、外国人が安心して暮らすための情報提供等による生活支援、世界に貢献できる人材の育成などの各種事業に取り組むための貴重な財源となっています。
これら地域の国際化に向けた取組みは,ふるさとへの誇りと愛着を育み、まちに活力をもたらします。

北海道登別市 観光の振興に関する事業

登別市を名実ともに道内における中心的な観光拠点として確立するため、新しい時代のニーズに対応できる観光地づくりを進め、魅力あるイベントの創出など、誘客の促進に取り組みます。

北海道妹背牛町 魅力にあふれ未来につなぐまちづくり

・定住化の推進
・妹背牛温泉ペペルの振興
・自治会組織などコミュニティ活動の推進
・その他町長が必要と認めた事業
・元気なまちづくりのための推進事業

北海道北竜町 サンフラワーパークの維持・整備事業

北竜町の温泉施設として、町民の雇用や福祉と健康づくりを担っているサンフラワーパークを維持するための経費として活用します。
特典で選ぶ
特集から選ぶ

地域で選ぶ
使い道から選ぶ